太陽光発電が普及していくためには

太陽光発電が普及していくには、いくつかのハードルを越えていく必要があると思います。太陽光発電は、投資としても優秀で、電気の売電により収入を得ることができるものです。

しかし、導入コストがかかるということから、普及には今一ついっていないのが現状です。

大体、10年くらいで元の投資した分は回収することが出来る見込みですが、そういう事もあまり分かっていないのではないでしょうか。

そして、ネックになるのが、太陽光発電の重さです。太陽光発電は、屋根の上に設置します。ですから、その太陽光発電という100キロもするような重みが屋根にそのままかかるとなると抵抗感のある人というのは沢山いるのではないでしょうか。

そこで、開発されているのが、薄い太陽光発電です。ペラペラのもので、10キロなどの軽さのものです。

ドローンの可能性について考えてみた

最近ニュースなどでよく耳にする、ドローン。無人飛行機のことで、地上から人間が操作することで空を飛べる機械です。ドローンが社会にどのような変化をもたらすかを考えてみました。

現在すでに、カメラを装着して空撮に利用されています。これまで決して撮ることのできなかった角度から、風景や建物などを撮影できるようになったので、表現の幅が広がりました。今後ますます普及することによって、災害時の状況把握や救命活動にも役立てられることでしょう。

さらに強度が向上すれば、重たい荷物を運べるようになると思います。人手不足が心配されている配達業界に革命をもたらすかもしれません。さらに、自動運転とドローンが組み合わされば、空を飛んで目的地まで旅することができる可能性もあります。

一方、事故や新たな課題が生じるかもしれないので、対策は十分考える必要がありそうです。

タクシーの運転手の年収はどれくらい?

タクシーの運転手は、一昔前までは稼げる職業のように言われていましたが、実際の年収はどれくらいあるのでしょう。求人サイトに掲載されているタクシードライバーの求人情報から見てみると、その給与額は年収平均275万円、月収平均20万円と言われています。

こうして見ると特別給与のいい職種とは言い切れませんが、タクシー会社から支給される定額の基本給の他に、売上の一部を歩合制としている会社も数多くあるため、実際のへ平均月収は30万円ほどの人が多く、年収換算すると360万円ほどとそれなりの収入を得られる職業だと言えます。

働く地域や時間帯によってお客さんの数も違うため、歩合制を採用している会社でも貰える給料にばらつきはありますが、夜間の繁華街などを中心に営業している場合はそれなりの数をこなすことができ、頑張った分だけ稼げる職種でしょう。