まだ見ぬ卵の君たちへ

月日の流れは早いもので、今年も梅の花が咲く季節になりました。
長いようで短いような冬も、もうすぐ終わりを迎えます。
私が大学を卒業してから、三度目の春がやってきます。この季節になると、ふとした切っ掛けで思い出すことがあるのです。
大学卒業後、私がシステムエンジニアとして就職したのはとある小さなIT企業で、その年に入社した同期は私を含めて三人でした。
大学の授業でプログラミングを学んだことがあった私は腕に多少の覚えがありましたが、他の同期二人はまったくと言っていいほどのプログラミング未経験者でした。
入社後すぐの研修はあっという間に終わり、私も同期二人も、いよいよ現場での実務業務に就くこととなります。
未だ知らない世界に不安と期待を抱きつつ、私たちは互いに互いを励まし合いながら、社会の荒波に乗りだしました。
それからの月日の流れはあっという間で、あれよあれよと言う間に一年が過ぎ、二年が過ぎ、もうすぐ社会人三年目が終わろうとしています。
梅の花を見ると、もうすぐ春が来るなと思うのと同時に、そんな駆け抜けるように過ぎていった三年間について思い出すのです。
初めはプログラムの「プ」の字も知らなかった同期も、今では仕事をバリバリとこなしています。
研修中はプログラミング経験者であったこともあって一番成績が良かった私も、油断をしていてはあっという間に技術的に追い抜かれてしまいそうです。あるいはひょっとして……、などと考えさせられる時さえあり、二人の努力と仕事への真摯さにはいつも感心させられますし、私も見習わないといけないな、と思わされます。
梅の花が散れば、今年もすぐ、新しい後輩が入社してくるでしょう。
その中にはプログラミング経験のある子もいれば、まったく未経験の子もいるのではないでしょうか。
彼ら彼女らは今頃きっと、三年前の私たちのように、期待と不安に揺れているのではないかと思うのです。
ですから私は、梅の花を眺めては長いようでまだまだ短いような社会人生活を振り返りつつ思うのです。
これから、辛いことも苦しいこともたくさんあるでしょう。だけど私たち三人がそうであったように、きっと君たちの新しい生活は、君たちの頑張り次第でいかようにも充実したものになるはずです。
だから、まだ見ぬエンジニアの卵たちよ、頑張れ!と。

3組に1組が離婚する時代

3組に1組が離婚する時代といわれて久しい今日この頃、
しかし、ほんの2、30年ほど前までは、離婚といえば失敗のイメージが付きまとい、
悪いことのように思われていました。

女性がクリスマスケーキに例えられていたのもこの頃です。
22、3日(歳)までに予約され、24日(歳)が本番当日(結婚適齢期)で、
25日(歳)を過ぎれば半額セールで、31日(歳)を過ぎて年を開けたら一切の需要がないものとされていて、
女性が31日(歳)を過ぎても未婚というのは、想像も出来ないとされていました。

OLは腰掛と呼ばれて、仕事内容はデスクの整理やお茶くみなど、
そんな今では信じられないような扱いが、ほんの2、30年前までは普通のことでした。

しかし、今では30歳を過ぎての初婚は当然のことですし、再婚もメジャーなものになりました。
常により良いもの(再婚相手)を求めるのが、当然となるのも近いかもしれませんね。

出会いアプリで知り合った人に会ってみました

先日出会いアプリで出会った人に会ってきました。これまでメッセージをもらっても会うまではいってなかったのですが、今回はプロフィールを見たら自分と話が合いそうと思ったのと、しばらくメッセージのやり取りをしてみて、なんとなく大丈夫そうかなと思ったので、思い切って会ってみることに。それでも出会い系は怖いと思っていたので、用心して犯罪が起こらなそうな街の銀座で会いました。

外見はプロフィールで見ていたのでギャップもなくすぐに分かりました。そしてひと通り挨拶をして、彼が予約してくれたお店で食事をしました。話した内容はお互いについてやたわいもない話で、至って普通の会話でした。私的には特に嫌な感じもしなかったし、話もそこそこ面白かったので、また会ってもいいかなと思いましたが、先方はどう思ってるかは分かりませんが、一応今のところ連絡は取り合っています。今後どうなるか分かりませんが、出会いアプリも用心して使えば、出会いはあるのかなと思いました。

婚活アプリで知り合ってから初デートまでの期間はどれくらいがベストなの?

婚活アプリで知り合った女性をデートに誘いたいけど、どれくらいメッセージを重ねてから誘えばいいのだろう?」
とお悩みの男性の方が多いと思います。
そこで、会うまでのベストな期間を相手の女性の性格別に分類してお話しします。

1. 「会うまでの期間:できればすぐにでも」と書いている女性
こう書いている女性は、「会って話してみなければわからない」と考えている可能性があります。
だらだらとやりとりするくらいならサクッと会ってありかなしかを判断したいタイプの女性は、マッチングしてから1週間ほどでデートに誘いましょう。

2. 「気が合えば会いたい」と書いている女性
あなたとメッセージを重ねてみて、気が合えば会いたいというスタンスの女性は2〜3週間ほどやりとりした上でデートに誘うのがよいでしょう。
これはお互いのことを知らないうちに会うよりは、やりとりしてみて相性が合えば会ってみたいと考えているためです。

3. 「しっかりとメッセージ交換を重ねてから会いたい」と書いている女性
このような女性は慎重派で、ネットで知り合った身元のわからない人といきなり会うことを警戒しています。
慎重派の女性を早めにデートに誘っても警戒されるだけなので、彼女の意思を尊重し、1ヶ月くらいやりとりを重ねてから会うのがよいです。

出会った直後のデートって?

デートの王道はお茶でしょうか。
それとも食事か飲みでしょうか。
出会いからメールのやり取りしかしていない私にとって、次のステップは絶対にデートだと考え、願っています。
誘いは向こうからがいいに決まっているけど、都合が合わないと悪いから自分から誘えば断られたとしてもいいかなとか、行きたいところをおねだりしたほうが女子的には可愛いのかなとか。
もしものことを考えて、いまのうちから勝負下着を買っておこうかなとか。
家族の話ばかりをしていると結婚を焦っていると思われて、フラれちゃうかもしれないから抑え目にしようとか。
手作り弁当のデートも結婚までに一度はやってみたいかもとか。
もう、妄想が止まりません。
あれこれと考え、大暴走中。
本当はドンキ巡りが大好きだから、連れて行ってあげたいけどデートとしては相応しくないのは明らかですよね。
ああ、世の中のカップルはどんなふうにしているのか知りたいです。

出会いが欲しいと思った時にすること

出会いが欲しいと多くの人が思っていることと思います。例えば彼女が欲しいと思っている場合です。彼女を作る手段には様々なものがあります。友達に紹介してもらったり、合コンに参加したりとその人にあったやり方を選ぶのが良いと思います。最近多くなっているのは、スマホを使った出会いです。

スマホを使った出会いで最近注目されているのは、アプリの利用です。スマホにアプリをダウンロードするだけですぐに使い始めることができます。これで簡単に出会うことができるのです。便利な時代になったものです。気軽に出会いを求めることができるのはいいのですが、注意しなければならないことがあります。

それは、サクラの存在です。アプリに限ったことではありませんが、この手のサービスにおいてはサクラが数多く存在します。そのため、サクラかどうかを見極める目を持たなければなりませんし、もしサクラに当たってしまった場合に落ち込まないように、あらかじめ頭に入れておく必要があります。

ありがとう運転手さん

友人の結婚式で渋谷に行きました。披露宴が終わってからも2時会、3時会と帰ることなく飲んでいました。久しぶりとの友人との時間は楽しく、ついつい終電を逃してしまいました。朝まで粘れば電車賃で数百円で家に帰れます。

しかし家のベットで寝たい気持ちが勝り、タクシーで帰ることにしました。神奈川の自宅までとなると、かなり痛い出費・・。自宅の近所に着く頃には1万を越え、もう歩こうと14,000円くらいで降ろしてもらいました。最悪だなと思っていたところで、その運転手さんが、「1万で良いです。今日は売上まずかったので、本当にありがとうございます。乗ってくれてありがとうございました。」とすごく感謝してくれました。

朝起きて冷静になれば本当に痛い出費でしたが、眠る直前まで幸せな気持ちのままいることができました。
タクシーの運転手さんありがとう。

出会いが無いと嘆く若者が増加中

自分の周りの若い男女に話を聞くと、みんな揃って口にするのが「出会いがない」ということです。会社に女の子が少ない、男性から誘ってもらえない、仕事が忙しすぎる……と出てくるのは愚痴ばかり。そんなに今の社会人は忙しいのでしょうか?

ひと昔前のサラリーマンの方が猛烈に働いていたような気がするのは自分だけ?出会いが無いと嘆いている子達は、友人同士で傷をなめ合っているだけでアクションを起こそうという気は薄いようです。仕事が忙しくたって休日はあるでしょうし、会社に異性がいなくても遊びに行ったり飲みに行けば幾らでも男女の交流はできるはず。積極的に異性を見つけ出そうという気がもともと無いように感じられてしょうがありません。

目をギンギンにして探し回れとは言いませんが、恋愛を通じて人生が豊かになるのは間違いありませんから、もっと積極的に相手を見つけてもらいたいですね。

新宿の耳鼻科へ行き不快な症状が消えスッキリしました

新宿のおすすめ耳鼻科ランキングを見て耳鼻科へ行ったら、アレルギー性鼻炎だと言われました。ずっとくしゃみや鼻水、鼻づまりに悩まされていたんですよね。

会社の人から耳鼻科に行ったほうがいいと何度も言われて、やっと耳鼻科へ行くことにしました。普段耳鼻科へ行かないのでどの耳鼻科が良いのかわからず、口コミで評価の高い耳鼻科へ行くことにしたんです。

自分でも思っていましたが、やはりアレルギー性鼻炎でした。薬をもらって飲んでいます。症状が落ち着いてきたような気がして、仕事に集中することができるようになりました。口コミを見て耳鼻科を選んで良かったです。

鼻づまりや鼻水のせいで、日常生活が本当に大変でした。これらの症状に悩まされなくなると、ぐっすりと眠ることができるようになりましたし、気持ち良く朝起きることができています。もっと早くに耳鼻科へ行けば良かったです。

働く人に優しい泌尿器科とは

仕事をしていると、病院を受診することがむつかしいこともありますね。しかし早めに受診することにより、早期に回復を期待することができます。そのため、通いやすい病院をリサーチしておきましょう。

その中でも、通いやすい泌尿器科を調べることにより、とても助かります。一番通いやすいと思えるのは、なんといっても遅い時間まで受け付けてくれるところです。それだと、仕事が終了した後に診察を受けることができます。

また、待ち時間を少なくしてできるだけ効率よく診察を受けることができるところもあります。待ち時間が少ないと、とても助かりますね。

最近では性病、特に梅毒が増えているという報道もありましたが、心当たりのある人や何か症状が出ている人は早めの受診がおすすめです。たいていの新宿にある泌尿器科は性病検査も行なってくれます。

そして、プライバシーの配慮についても気になるところです。最近では、氏名ではなく番号で読んでくれるところもあり、それだと自分が氏名で呼ばれることがないのでとてもありがたいです。そんな泌尿器科を探しましょう。