友人と卒業記念に旅行に行ってお揃いのキーホルダーを購入しました

大学の英文科に通っていましたが、卒業をしたら実家に帰省する人や進学する人、就職をする人など進路は様々です。4年間を一緒に過ごした友人たちと離れるのが寂しいので、最後の思い出を作ろうと卒業旅行に行きました。

行先はイギリスで、大学生活で勉強した語学がどれだけ通用するかを確かめる意味合いもありました。スコットランドの方まで足をのばしたところ、昔ながらのケルト衣装を取り扱っているお店に出会いました。アンティークな生地で作られているので、値段は目玉が飛び出るほど高いものばかりです。

まだ社会人にもなっていない身分としては、購入する余裕はなかったので、小さなキーホルダーをお揃いで購入することにしました。当時は卒園記念品 人気はストラップなどでしたが、キーホルダーだとストラップにも使えていいな~と思ったからです。

アンティークの記事がガラス玉の中に入っているシンプルなものだったので、これなら年齢を重ねても飽きることがないと考えたからです。卒業記念となったキーホルダーは、今も車のキーにつけて愛用しています。