ハイヤーを利用してきめ細かいサービスを受ける

ハイヤーを利用することのメリットは、質の高いサービスを受けられる点にあります。
役員の移動手段として使われていたり、VIPの送迎手段として使われていたり、ワンランク上の移動を提供するのがハイヤーの特徴です。

ハイクラスなお客様を乗せるために、質の高いコミニケーション技術や、礼儀作法を学んだ専属運転手が付きます。
やはり重要な取引で失礼のないように送迎をする場合など、気持ちよく移動をしてもらいたいことから、このようなハイヤーを利用するほうが安心感があります。
一般的なタクシーはどちらかといえば、個人向けや、社員向けといった面があるでしょう。

ハイヤーはハイクラスなお客様を乗せるために、移動手段として使われる車はハイクラスな物も用意されていますので、利用者にとって最適な車を使うことが可能です。
また日々利用する場合ですと、専属運転手が付くということから、より自分がどのようなコミニケーションを求めているのかを把握してくれますので、ストレスがなく快適な移動をすることが可能といえます。

太陽光発電が普及していくためには

太陽光発電が普及していくには、いくつかのハードルを越えていく必要があると思います。太陽光発電は、投資としても優秀で、電気の売電により収入を得ることができるものです。

しかし、導入コストがかかるということから、普及には今一ついっていないのが現状です。

大体、10年くらいで元の投資した分は回収することが出来る見込みですが、そういう事もあまり分かっていないのではないでしょうか。

そして、ネックになるのが、太陽光発電の重さです。太陽光発電は、屋根の上に設置します。ですから、その太陽光発電という100キロもするような重みが屋根にそのままかかるとなると抵抗感のある人というのは沢山いるのではないでしょうか。

そこで、開発されているのが、薄い太陽光発電です。ペラペラのもので、10キロなどの軽さのものです。

ドローンの可能性について考えてみた

最近ニュースなどでよく耳にする、ドローン。無人飛行機のことで、地上から人間が操作することで空を飛べる機械です。ドローンが社会にどのような変化をもたらすかを考えてみました。

現在すでに、カメラを装着して空撮に利用されています。これまで決して撮ることのできなかった角度から、風景や建物などを撮影できるようになったので、表現の幅が広がりました。今後ますます普及することによって、災害時の状況把握や救命活動にも役立てられることでしょう。

さらに強度が向上すれば、重たい荷物を運べるようになると思います。人手不足が心配されている配達業界に革命をもたらすかもしれません。さらに、自動運転とドローンが組み合わされば、空を飛んで目的地まで旅することができる可能性もあります。

一方、事故や新たな課題が生じるかもしれないので、対策は十分考える必要がありそうです。

タクシーの運転手の年収はどれくらい?

タクシーの運転手は、一昔前までは稼げる職業のように言われていましたが、実際の年収はどれくらいあるのでしょう。求人サイトに掲載されているタクシードライバーの求人情報から見てみると、その給与額は年収平均275万円、月収平均20万円と言われています。

こうして見ると特別給与のいい職種とは言い切れませんが、タクシー会社から支給される定額の基本給の他に、売上の一部を歩合制としている会社も数多くあるため、実際のへ平均月収は30万円ほどの人が多く、年収換算すると360万円ほどとそれなりの収入を得られる職業だと言えます。

働く地域や時間帯によってお客さんの数も違うため、歩合制を採用している会社でも貰える給料にばらつきはありますが、夜間の繁華街などを中心に営業している場合はそれなりの数をこなすことができ、頑張った分だけ稼げる職種でしょう。

自然災害をなめた配偶者とは離婚すべき?

最近関西の方での台風の被害が話題になっていました。

私はTwitterに投稿されるそれに関する動画を見ていましたが、家の屋根が吹っ飛んだりビルや家が崩れたりと信じられない光景が繰り広げられており驚きます。

あと関西空港でも想定以上の水害で閉鎖空間となってしまうことがあり、これからも日本は想定以上の自然災害に苦しめられていくのだなと思いました。

そして今朝はなんと北海道で震度6の地震があったとのことです。

やはり日本は常に自然災害に備えていかなければいけません。

地域、各家庭でその備えをしておきましょう。

そういう時に配偶者がそんなことする必要がない、それよりも別のことにお金を使うべきだと言われる話しをたまに聞きます。

こう言っては何ですがそういう配偶者とはもう離婚するしかありません。

いや半分冗談ですがその覚悟で相手を説得すべきだと私は思っています。

何事も備えておくに越したことはありません。

ママ友とお別れすることになりそうです

ママ友の旦那さん方のお父さんが、

何ヶ月か前に転倒して、大腿骨の骨を折ってしまい入院していたんです。

退院してしばらくリハビリもしていたようなのですが、

やはり介護が必要になってしまっているらしいのです。

お母さんも年なので、1人で介護はしんどいということで、

長男である旦那さん一家が引越して、

一緒に住むか、もしくは近くに住んで

お父さんを介護しようという話が持ち上がっているという話をされました。

 

彼女は、旦那さんの実家は田舎なので

近所づきあいも大変そう、と不安そうでした。

でも、旦那さんのお母さんはとてもいい人らしく、

一緒に暮らすのも大丈夫そうだと言っていたので、

そこは良かったなと思いました。

 

年内にはどっちにするか決めて、

向こうに引越しになるそうです。

慣れない土地で、旦那さんのお父さんの介護は

とても大変ろうと想像できます。

応援しているから、辛くなったらいつでも連絡してきてほしいと伝えました。

前向きで素敵な彼女なら、きっとやっていけると思いました。

高級時計はあなたの価値を上げてくれる

仕事上で初対面の男性と話をする時、どうしても服装に目がいくのは当然かと思います。スーツやシャツ、ネクタイはそれなりのものを上手にコーディネートすれば、ごまかしはききますが、靴や時計はそうもいかないでしょう。

特に会話をする際に袖口から見える時計は必然と視界に入ります。決して安い時計が悪い、高級時計だから良いという事ではありませんが、Gショックのようなスポーツウォッチよりは、同じスポーツ系でもロレックスのGMTやサブマリーナをしている人の方が仕事上の商談の場では、信用度も高くなるのではないでしょうか?やはり、キチンと感が高級時計では段違いかと思います。言い換えれば、高級時計が自分自身の足りない部分を補ってくれ、自分をよりよく相手に見せてくれると言っても過言ではないかと思います。

「目は口ほどに物を言う。」ではありませんが、高級腕時計はあなた自身以上にあなたを表現してくれるでしょう。

私はラジオを聴くことがよくあります

私はラジオを聴くことが多いのですが、地元のラジオ番組を聴いていると、いろいろな情報を知ることができて便利です。

また、家事などの作業中でもラジオを聴きながら行ったほうが、やる気が出ることもあります。

 

ラジオで時々流れている、地元のタクシー会社のCMではいつもタクシードライバーを募集しています。

内容は年齢が高くても充実した労働条件で働きやすいと言った内容のCMです。

 

中高年になると、転職をしても条件が悪くなってしまいます。

特にまったく新しい職種で仕事を探そうとしたらかなり大変です。

 

しかし、そのタクシー会社のCMでは、中高年が転職をしても働きやすそうな感じがします。

タクシードライバーの転職は若いから有利ということもなく、車の運転に慣れている4、50代が適しているのかもしれないと思いました。

 

この年代以降は転職が難しいですが、家族のためにより多くの収入を得なければいけません。

それを考えると、タクシードライバーの転職も十分有りなのではないかと思います。

既婚者との出会いは不倫にならないようにする

人生の中では、いろんな人と出会うこともあり既婚者の人と出会うこともあります。例えば働いている会社に既婚者が複数人存在することもありますし、出会い系サイトなどを活用して知り合うこともあります。

ただ、既婚者との出会いで注意しなければいけないのが不倫関係にならないことです。あなたが独身でも既婚者の人と恋愛関係になって肉体関係を持ってしまうとそれは不倫になるので不貞行為に違反する行為になります。もし相手の結婚相手などにばれてしまったら慰謝料などを請求される可能性がありますし、相手の家庭を壊してしまったりなど何かと問題になりますから既婚者の人と出会っても恋愛関係にならないように注意します。

自分が好きになってしまった人がたまたま既婚者ということもありますが、そのまま恋愛関係になるとダメですから自分の感情をコントロールして諦める必要があります。また、相手が既婚者だと分かったら特別な感情を持たないことが必要です。

これは、既婚者の人にとっても同じ事が言えて、結婚したら結婚相手以外の異性を好きにならないように強く意識して生活する事が大事です。

あってはならない営業中での不倫

若い頃、飛び込み営業をしていました。確か子供さんの学習書籍です。当然、対象は小さなお子さんのいる所、つまり若い奥さん(勿論ご主人さんも)です。もう営業には慣れてきていましたので、自分のペース配分もコントロールできておりました。つまり仕事に慣れて余裕ができたということでしょうか?そんなある日、月のノルマも達成しており、次の月の下調べとでも言いましょうか、遊び半分?と言うと語弊がありますが、心の油断と言いますか?「どこかにいい奥さんいないかな!」みたいな不謹慎な気持ちが湧いておりました。そんな時、ちょっと年上の奥さんと知り合いました。話好きで引っ張っていくタイプ?とでも言いましょうか?回数が増えたある日、とにかく「上がってお茶でもどう!」って事です。

それからはそのお宅の近くへ仕事に行くと(わざわざ行った方かな・・?)必ず寄るようにしていました。何度も行っている内についにそういう事になってしまいました。家に帰って「バレないかな・・?」心配で・・心の中で自分に言い聞かせました「普段通りにいけヨ!」ところがそう思えば思うほどうまくいかないんです・・・「こんな事、見え透いているかな・・?」心の葛藤が激しかったのを今でも覚えております。で肝心の女房(当時)はどうだったかと言いますと、まるで気が付いていないようなそぶりです。「ウーン!やれやれ!」と思ったものです。それから約3年で女房とは別の理由で別れることになりましたが、その間一言もこの件に関しては触れる事はありませんでした。

時は経ち不倫の事はもうすっかり忘れていたんですが、ある日何気なくテレビを見ていましたら、「女性は匂いに敏感・・・」という番組をやっていました。なぜかしらここで、古い傷を思い出すことになりました。「あの時、女房はわかっていたんだ!・・」それはそうでしょう?女の家にいて、風呂まで入り、おまけに女性の香水の匂いetc・・バレてる筈!ですよネ?勿論、当時は家に入る前、自分でチェックはしたつもりですが・・・